気管支炎・喘息/小児はりは名古屋市千種区のグラースはりきゅう接骨院へ

気管支炎・喘息

気管支炎は、太い気道である気管から左右に枝分かれした気管支に起こる炎症です。通常、細菌やウイルスが原因で起こりますが、ガスや粒子の刺激によっても起こります。

 

症状が90日以内で治まる場合を急性気管支炎といいます。症状がそれ以上、ときには数カ月、数年にわたって続く場合を慢性気管支炎といいます。感染性気管支炎と刺激性気管支炎があります。

 

感染性気管支炎
冬に発症することが多く、ほとんどの場合、ウイルスが原因です。体からウイルスがいなくなった後も、感染による刺激が原因で、数週間は症状が持続します。症状は鼻水、のどの痛み、疲労感、悪寒、背中や筋肉の痛みといった、いわゆるかぜ症状から始まります。微熱(約37.5℃〜約38.5℃)が出ることもあります。感染性気管支炎(感染が原因で起こる)は、上気道へのウイルス感染に引き続いて起こる場合があります。

 

ウイルス性気管支炎は、インフルエンザウイルスなどのウイルスによって起こります。細菌とウイルスに重複して感染し、気管支炎になることもあります。

 

喫煙者や慢性的な肺疾患の方は、気道から粘液を排出しにくいので、繰り返し急性気管支炎にかかります。栄養不良だと、上気道感染から急性気管支炎を起こすことが多くあり、特に子供や高齢者はその可能性多くがあります。

 

●刺激性気管支炎
産業性または環境性気管支炎とも呼ばれ、鉱物性および植物性のさまざまな粒子の吸入が原因で起こります。強酸性物質、アンモニア、有機溶剤、塩素、硫化水素、亜硫酸、臭素などのガスを吸入した場合も、刺激性気管支炎を起こします。

小児はり大学/名古屋市千種区のグラース