扁桃炎/小児はりは名古屋市千種区のグラースはりきゅう接骨院へ

扁桃炎

扁桃炎(上気道炎)はウイルスや細菌によって口蓋扁桃(感染症から体を守る免疫システム)に炎症を起こしたものです。

 

その症状は 発熱 咽頭痛扁桃の発赤腫脹白班 で一般的に乳児期は炎症が軽く、多くはウイルス性 で、年長幼児期〜学童期では細菌性がみられます。

 

急性扁桃炎から慢性扁桃炎になると、扁桃の表面や腺下上皮が変性がみられます。慢性扁桃炎は自覚症状が少なく発熱は微熱程度で咽頭の不快感がある程度ですが、過労や感冒をきっかけに急性炎症となります。

小児はり大学/名古屋市千種区のグラース