もし親からのスキンシップが足りなかったら/小児はりは名古屋市千種区のグラースはりきゅう接骨院へ

隔離飼育の実験

もし、親からのスキンシップが足りなかったらどうなるのでしょう。

 

1050年代アメリカのウィスコンシン大学で心理学者ハリー・ハーロウによって一連のサルの『隔離飼育』の実験が行われました。母親から離された生まれて間もないアカゲザルの赤ちゃんを檻に入れ母親代わりに哺乳瓶のついた針金の人形と毛布の人形を設置し、ミルクだけをくれる母親とミルクをくれないが肌のぬくもりを感じる母親のどちらをより必要とするかを観察しました。

 

まず赤ちゃんは真っ先にミルクに食いつきましたが、お腹を満たすとすぐに毛布の人形へ移りました。このことから赤ちゃんは本能的にスキンシップを求めていることが証明されました。

 

この結果は生後まもない時期にやわらかい肌ざわりに対するつ陽接触欲求があること、子の母への結びつきである愛着の形成の要因は生理的欲求を満たす授乳といった一次的要因によるというよりも、しがみつくことによる接触経験といった二次的要因が重要な役割を担っていることを証明しました。これは世界的な関心を呼び、人間の子どもの発達(特に母子関係)について大きく示唆しました。

 

また、逆に生身の親からぬくもりを与えられなかった赤ちゃんザルは成長して群れに戻されても他のサルを恐がる様になりました。そして最後まで仲間に入ることが出来なかったという適応困難な事実も注目されてます。

小児はり大学/名古屋市千種区のグラース