発達障害/小児はりは名古屋市千種区のグラースはりきゅう接骨院へ

発達障害

高機能自閉症注意欠陥多動性障害(ADHD)学習障害など最近では子どもを取り巻く環境の変化に伴い、精神的な症状や疾患で小児はりに来院される子どもも増えてきています。

 

自閉症

脳の特性によって起こる発達障害であり、主な症状として3つあげられます。
 @対人交渉の問題
 Aコミュニケーションの問題
 Bイマジネーション障害

 

対人交渉問題
相手との関係を正しく、理解できなくて、不適切な行動をとってしまうことがあります。
2〜3歳児で友達への関心が少なかったり、極端にあったりします。
赤ちゃんの場合では、母親への後追いが少ない、人見知りがなくて誰にでも平気で抱かれたりする場合と、逆に後追いや人見知りが極端に強く、母親以外の人に世話をさせないなどがあります。

 

コミュニケーション問題
言葉の遅れがみられます。繰り返し聴く言葉や興味があるものは言えますが独り言の場合が多いです。自分と相手を置き換えて言うことも苦手です。

 

イマジネーション障害
不測の状態があると臨機応変に対処できずパニックに陥りやすいです。いつも同じ状態であることに固執します。

 

他の症状として、手を放すとどこに行ってしまうかわからないといった多動
音やにおい、手触り、痛みなどに通常問題のないものに異常に反応する感覚異常
睡眠のリズムが遅れがち、極端に短くなるなどの睡眠障害がみられます。

注意欠陥多動性障害

主な症状として3つあげられます。
@不注意 … 不注意は物事に集中することができない、物忘れが多いなど
A多動性 … 落ち着きがなくじっとしていられないなど
B衝動性 … 結果を考えずに突飛な行動をするなど

 

他の症状として、攻撃的態度反抗的態度学習困難強い劣等感情緒不安定などがみられます。

小児はり大学/名古屋市千種区のグラース