眼精疲労・仮性近視/小児はりは名古屋市千種区のグラースはりきゅう接骨院へ

眼精疲労

眼精疲労仮性近視に対しては小児はり就学児がほとんどを占めます。その理由は就学することで本格的に視力検査が行われ、視力低下を起こしている事が客観的に分かるからです。

 

眼精疲労は物を見ているだけで目の疲れ痛みを感じたり、視界がかすむ頭痛嘔吐などが起きます。疲れ目とは異なり、休んでも症状が回復しないほどの重篤な状態を言います。

 

改善策として症状の発生を抑えることと症状を和らげる方法があります。
症状の発生を抑える
生活の中で最も目を使う状況に適した眼鏡をつくる方法があります。
例えば仕事で一日中パソコンを眺めるという生活を送っている場合、本人の目に適さない(近すぎる)対象を一日中見ることになるため、目のピントを合わせる部分に疲労が蓄積しやすいのです。その改善としてパソコン用に1メートル程度に設定した眼鏡を着用します。
症状を和らげる
 @目の周りの筋肉のマッサージ
 A目を温める:人肌よりやや熱めのおしぼりを用意し、両目の上から1分ほど覆います。
  ※@とAを併用するとより効果的です。
これらの方法は就寝前に行うことが効果的です。

仮性近視

眼の疲労により一時的に近視のような状態になることを言います。目を酷使した後は強くなり、目を休めたり遠くを見ると弱くなります。視力に問題が無い方を含めてほとんどの方が持っています。

 

名前の通り「仮性」の近視であり、本物の近視とは別物です。仮性近視を放置したからといって本物の近視に移行することはなく、逆に目を休ませて治るものは仮性近視だけであり本物の近視が治ることはありません。 仮性近視と本物の近視を併発している場合は、目を休ませることにより仮性近視の分だけが回復します。

小児はり大学/名古屋市千種区のグラース