肩こり/小児はりは名古屋市千種区のグラースはりきゅう接骨院へ

肩こり

乳児はもちろん、言葉を獲得した幼児であっても、自ら『肩がこる』とは言わないでしょう。しかし、本人が訴えなくても夜泣き不眠疳の虫の症状の原因がその周囲緊張であることも多くあります。

 

現代では、幼児期からお受験の塾や小学生の習い事・塾通いで身体を動かす時間もなかったり、睡眠不足過労状態に陥っている子も少なくありません。

 

また、1歳児からタブレット型コンピューターで遊ばせたり、知育させることもでてきて子どもはついつい夢中になり、長時間液晶画面を見続け目を酷使する状況がでてきています。その結果、乳児でも首や肩が硬く緊張している子が増えてきています。

小児はり大学/名古屋市千種区のグラース