アトピー性皮膚炎/小児はりは名古屋市千種区のグラースはりきゅう接骨院へ

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は『増悪・寛解を繰り返す、そう痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因をもつ』と定義されています。

 

皮膚症状の典型例
乳児 …はじめ脂漏性湿疹がみられ、経過と共に体幹四肢に左右対称に湿潤性乾燥性皮疹が広がります。
幼児顔面肘窩膝窩苔癬化を伴う痒みが強い乾燥性皮疹がみられます。周辺には紅斑亀裂が生じます。
学童期…学童期以降では皮膚全体の乾燥が著明となり光沢と柔軟性が乏しくなります。皮疹顔面四肢関節に多く、苔癬化が進みます。顔面では周辺、周辺の皮疹が目立ち、頬部に白色の色素脱色がみられることもあります。

 

アトピー性皮膚炎は乳幼児から成長するに従い、症状が軽くなるといわれてきましたが、最近は成人後もアトピーの症状が続く人が増えてきています。

 

原因としてはストレス食物ハウスダスト汗・汚れ紫外線化学物質などさまざまです。

小児はり大学/名古屋市千種区のグラース